HHHYPE が選ぶ London Fashion Week: Men's 2018年秋冬ベストルック Day 2

ファッションウィークにおける“新鮮さ”に限れば、ロンドンに優る都市はないのではなかろうか。ロンドンファッションウィーク・メンズ2日目の最注目は、〈STÜSSY(ステューシー)〉とのコラボレーションで一躍脚光を浴び、最近では〈Mackintosh 0001(マッキントッシュ 0001)〉のクリエイティブディレクターに抜擢されたことが記憶に新しいブルガリア人デザイナーのKiko Kostadinov(キコ・コスタディノフ)。今季は独創的なカラーブロックの中に現代のアーバンライフに欠かせない機能性を追加したプロダクトを披露する一方、初のウィメンズコレクションにも観衆が釘付けとなった。また、ヴィンテージミリタリーや古いパラシュートなどを再利用しながらエシカルな取り組みを行う〈Christopher Raeburn(クリストファー レイバーン)〉や、『GR8』、『FourTwoFour on Fairfax』、『Selfridges』といった名店がこぞってストックし、「LVMH Prize」のファイナリストにもノミネートされた〈Astrid Andersen(アストリッド・アンダーセン)〉なども移り変わりの激しいファッションシーンを生き残る上で十分な主張を見せてくれたように感じる。

『HHHYPE』の独断と偏見で選出したロンドンファッションウィーク・メンズ2日目のベストルックは、上のフォトギャラリーから。また、2018年秋冬シーズンの各都市の日別ベストルックは、以下からご確認を。

2018年秋冬ファッションウィーク 各都市日別ベストルック
ロンドン:Day 1 / Day 2 / Day 3
ミラノ:Day 2 / Day 3 / Day 4