見る者をトロピカルな世界へと誘った Louis Vuitton の2018年春夏コレクション

過去に『HHHYPE』の人気企画 #Essentialsにも登場したKim Jones(キム・ジョーンズ)率いる〈Louis Vuitton(ルイヴィトン)〉が、パリを舞台に2018年春夏コレクションを発表した。〈Supreme(シュプリーム)〉とのコラボレーションが大きな話題を呼んだ2017年秋冬コレクションに続く今シーズンは、本ランウェイのためにDrake(ドレイク)が制作した新曲“SIGNS”をBGMに、見る者をトロピカルな世界へと誘った。Jonesは明るさやうるささでさえも魅力へと変換してしまう色の魔術師であり、最新コレクションもブルー、オレンジ、イエロー、レッド、グリーンを織り交ぜた開襟シャツを主役に立て、ブラック、ホワイト、グレー、タンカラーなどの洗練されたピースでまとめあげている。また、〈Louis Vuitton〉を象徴するアクセサリーからはロゴを配したサンダル、バケットハットなどが登場したが、最も注目すべきは言わずもがな、ラゲージシリーズだろう。さまざまな形状、配色のものがラインアップしているが、筆者からはカーキのモノグラムバックパック、ブルー/ターコイズのサコッシュ、ブラウンとブルーで切り替えたボディバッグをピックアップしておきたい。

昨季のインパクトもあり例年以上にプレッシャーのかかる中、観衆からの盛大な拍手で幕を閉じた〈Louis Vuitton〉の2018年春夏ランウェイルックは、上のフォトギャラリーからご確認を。