マイケル・ジャクソンにオマージュを捧げる Louis Vuitton 2019年秋冬コレクション

2018年6月の歴史的なショーに続き、Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)手がける〈Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)〉が2019年秋冬コレクションを発表。事前に暗示されていた通り、同コレクションは“キング・オブ・ポップ”の異名を持つMichael Jackson(マイケル・ジャクソン)にオマージュを捧げる内容となった。

名曲“Billie Jean”のミュージックビデオを彷彿とさせるニューヨーク・マンハッタンの街角を再現したセット。生バンドの演奏に加えて、グラフィティ界の巨匠、Futura(フューチュラ)を招聘してライブペイントを行なうというサプライズも。前ランウェイも数多くのラッパー勢をモデルとして起用していたが、今回は若手注目株のSheck Wes(シェック・ウェス)が先陣を切った。グレー、タン、パープル、レッドを中心とした同ショーは、クラシカルなダブルジャケットやズートスーツを再構築したVirgilの新たなテーラリングが前半から全開。秋冬の目玉となるアウター類には、LVモノグラムを全面に施したラムスキンのレザーダウンベストをはじめ、パテッドジャケットやシアリングコート、クロコダイル柄のレザートレンチなど、バラエティ豊かなラインアップ。ショーの後半から登場する国旗を使ったアイテムは、2001年に行なわれたマイケル・ジャクソンの“United We Stand”のステージングがインスパイアされているのかもしれない。そしてVirgilといえば、もちろんスニーカーが代名詞であるが、今コレクションの主役はローファー。Michaelが愛したローファータイプのシューズがモデルたちの足元からTシャツのプリントまで飾っていた。さらに、グローインザダーク仕様のバッグを筆頭に〈Louis Vuitton〉の十八番である小物類が各ルックに華を添える。そして、ショーの最後にはモデルのAlton Mason(アルトン・メイソン)がアクロバティックな動きを披露しショーを締めくくった。

ゲストには、〈Off-White™️(オフホワイト)〉のショーにモデルとして登場したMigos(ミーゴス)のOffset(オフセット)やKid Cudi(キッド・カディ)、Skepta(スケプタ)、Frank Ocean(フランク・オーシャン)、J Balvin(J バルヴィン)といった音楽業界のスターから、Don C(ドン C)、Jerry Lorenzo(ジェリー・ロレンゾ)らVirgil周りのデザイナー、日本からは村上隆、VERBAL(バーバル)、岩田剛典らが出席。2018年春夏コレクションに負けず劣らず多くのハイライトを残したVirgil Ablohの〈Louis Vuitton〉第2章となった。

あわせて、〈Off-White™️〉2019年秋冬コレクションのバックステージもお見逃しなく。