Louis Vuitton が都市限定エディションの LV ハイトップ トレイナーを発売

メンズ アーティスティック・ディレクター Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)の〈Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)〉デビューとなった2019年春夏コレクションでお披露目されたLV トレイナー。既に同ブランドの定番スニーカーとして定着した感のあるモデルであるが、シーズンごとに多彩なカラーコンビネーションや素材をまとってリリースされてきた。そして、今ホリデーシーズンに発表されるのは、9色の都市限定エディション。

世界の9都市をテーマに展開されるこれらのLV ハイトップ トレイナーは、カラフルなシューレースに付属するモノグラム・キャンバスのタグが特徴的。Virgilの故郷であるシカゴはオレンジ、ニューヨークはブルー、ミラノはピンク、パリはベイビーブルー、ロンドンはサニーイエロー、ドバイはフォレストグリーン、上海はターコイズ、ソウルはレッド、そして東京はディープパープルが採用されている。

東京モデルとなるディープパープルは、12月4日(水)より『ルイ・ヴィトン 松屋銀座店』『ルイ・ヴィトン 表参道店』にて取扱い予定。価格は18万7,000 円(税抜)となる。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。