Louis Vuitton が NBAとのパートナーシップを発表

〈Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)〉が、北米の男子プロバスケットリーグNBAとパートナーシップを結ぶことが明らかになった。1月22日(現地時間)に、フランス・パリのモンテーニュ通りにある同ブランドの旗艦店にて、この提携を祝したカクテルパーティが開催される予定。

このことは、〈Louis Vuitton〉が関係者に送った先述のパーティの招待状で明らかになった。招待状には、バスケットコートの中央に同ブランドのアイコニックなLVマークが描かれており、#LVxNBAのハッシュタグと、〈Louis Vuitton〉会長兼最高経営責任者のMichael Burke(マイケル・バーク)がNBAの新しいパートナーシップのお祝いに招待するという旨の声明が添えられた。

今回のパートナーシップについて、具体的な詳細は本稿執筆時点では明らかになっていない。〈Louis Vuitton〉は2019年にアメリカのゲーム企業「Riot Games(ライアットゲームズ)」とのパートナーシップを発表し、人気オンラインゲーム『League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)』の世界大会「2019 World Championship」の優勝トロフィーを手がけたことがあるため、今回のNBAとの提携によって、同リーグの優勝トロフィーの製作を担うことになるかもしれない。まずは、先述のパーティでの発表を待とう。

あわせて、発表されたばかりの〈Louis Vuitton〉2020年秋冬メンズ・コレクションもチェックしておこう。