Louis Vuitton 2019年秋冬コレクションの注目アクセサリーにクローズアップ

Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)はパリ・ファッションウィーク・メンズにて、〈Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)〉のデザイナー就任後二度目のコレクションを発表した。キング・オブ・ポップスことMichael Jackson(マイケル・ジャクソン)にインスパイアされた今季は、“Jam”の名シーンを切り取ったショートスリーブやまるで世界平和を祈るかのような国旗モチーフのアパレルなど、“ヴァージルイズム”が色濃く注入され、〈LV〉の新境地が垣間見えるものだった。

ランウェイ終了後、業界関係者たちは決まって〈Louis Vuitton〉のショールームを訪れる。そこで本稿では、彼らが撮影した数ある写真の中から、一際注目度の高かったアクセサリーをピックアップ。シースルーのキーポル(ボストンバック)、MJモチーフのもの、光ファイバー技術を応用した虹色に輝くシリーズ、そしてランウェイ上には登場しなかった超巨大クリストファー(デイリーユースバッグ)や半透明のジェンガなど、会場には遊び心に富んだプロダクトが多数ディスプレイされていたようだ。

〈Louis Vuitton〉の2019年秋冬コレクションを先取りしたい方は、以下にあるInstagramをチェック。

あわせて、名曲“Billie Jean”のミュージックビデオを彷彿とさせるニューヨーク・マンハッタンの街角を再現した舞台で開催された同コレクションのランウェイルックもお見逃しなく。