ルーヴル美術館の国外初進出となるルーヴル・アブダビが遂に今年11月オープン

2007年にフランスとアラブ首長国連邦(UAE)の政府間の合意で創設された『Louvre Abu Dhabi (ルーヴル・アブダビ)』が、遂に今年11月11日(現地時間)オープン。世界最大級の美術館であるパリの『The Louvre(ルーブル美術館)』にとって初の国外進出となる。当初は2012年にオープンする予定であったが、資金不足などの理由で開館が毎年のように延期されていた。かつて無人島であったアブダビ沖のサディヤット島が“芸術と文化の島”となり、世界中の文化・歴史・芸術がそこに集結する。

なんとも美しい海に浮かぶようなドーム型の外観が目を引くその建物は、フランスの著名建築家・Jean Nouvel(ジャン・ヌーヴェル)がデザイン。この建築は“Rain of Light(光の雨)”と名付けられ、太陽の光が差し込み、美しい模様を作り出す構造になっており、“透明な建築”と言われるガラスを多く用いた彼の作風とはまた一味違うデザインとなったところも見所だ。

『Louvre Abu Dhabi』のオープニング時には、パリの本館に加え、著名美術館から貸し出されたPablo Picasso(パブロ・ピカソ)やPiet Mondrian(ピエト・モンドリアン)、Leonardo da Vinci(レオナルド・ダ・ヴィンチ)など名だたる芸術家の傑作の数々が一般公開されるとのこと。また、“芸術と文化の島”を構想するサディヤット島には同館のほか、日本を代表する建築家・安藤忠雄が手がける『Maritime Museum Abu Dhabi (アブダビ海洋博物館)』、世界で6番目となるグッケンハイム財団の美術館『Guggenheim Abu Dhabi(グッゲンハイム・アブダビ)』、そして昨年亡くなった大御所建築家のZaha Hadid(ザハ・ハディッド)が設計した『Abu Dhabi Performing Arts Centre(アブダビ・パフォーミング・アーツセンター)』など美と知を提供する施設が続々とオープンする予定。

まずはその目を奪われる美しき建築を上のフォトロールより確認しておこう。