レジェンドスケーターたちが主催するアートショー LOVE+GUTS 2019 “INNOVATION” が開催決定

Pat Ngoho(パット・ノーホー)、Lance Mountain(ランス・マウンテン)、Steve Olson(スティーブ・オルソン)というレジェンドスケーターたちが2005年にスタートしたアートショー「LOVE+GUTS(ラブアンドガッツ)」が、今年も東京で開催されることとなった。

「スケートボードをアートとして表現する」をテーマに掲げる「LOVE+GUTS」の目的は、スケーターたちが持っている無限の創造性を知ってもらう機会を提供することだ。世界各地で成功を収めてきたこのイベントは、2018年に東京に初上陸。編集者の竹村卓をキュレーターに迎え、世代を超えた多彩なスケーターたちによる作品はもちろんのこと、アーティスト/ライダーによるスーパーセッションは胸が高鳴るものだった。

〈DESCENDANT(ディセンダント)〉、『Thrasher Magazine(スラッシャーマガジン)』のサポートのもと開催される「LOVE+GUTS 2019 “INNOVATION”」は、Pat、Lance、Olsonらに加え、Steve Alba(スティーブ・アルバ)がアーティストとして参戦。会場は『16 (Sixteen)』、会期は10月11日(金)から同27日(日)までとなり、本展の開催を記念したマーチャンダイズが『STÜSSY CHAPTER』の一部店舗、『UNION TOKYO』、『Herschel Supply』などでも発売される。

スケートボーディングが正式種目に名を連ねる「東京オリンピック」と同じ2020年には、集大成となる「LOVE+GUTS 2020」も開催予定。そうとなれば、「行かない」という選択肢は容易に排除できることだろう。お近くの際には是非、ピュアで情熱に溢れたスケートカルチャーの真髄を体感しに足を運んでみてはいかがだろうか。

LOVE + GUTS 2019 “INNOVATION”
開催地:16 (Sixteen)
住所:東京都渋谷区神宮前6-19-15
Tel:03-6452-6033
営業時間:12:00 – 20:00
定休日:月曜日
会期:10月11日(金)〜10月27日(日)