ファレルも認めた新鋭アーティストのマギー・ロジャースが “Tiny Desk Concert” に登場

その歌声とサウンドにPharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)が言葉を失うほどに感動し、「俺から言うことはない。Wu-Tang Clanを初めて聞いたときほどの衝撃」とも言わしめた才能溢れる若きシンガーソングライター/プロデューサーのMaggie Rogers(マギー・ロジャース)が、 アメリカの公共ラジオ「NPR」が主催するオフィスでのライブシリーズ企画“Tiny Desk Concert”の最新回に登場。

Maggie Rogersは今年7月末に開催された規模/知名度共に日本最大級の野外フェス「FUJI ROCK FESTIVAL ‘17」にも出演。初来日/日本初公演ながらもその歌声と楽しげなパフォーマンスで満員となったステージ来場者の心を完全にロックしていた。そして今回の“Tiny Desk Concert”では、今年2月にリリースされたEP『Now That the Light Is Fading』に収録されている楽曲“On + Off”と“Dog Years”をバンドセットで披露、その後に先述のPaharrellを感涙させた楽曲“Alaska”を自身によるアコースティックバージョンで披露した。

まずはその力強くも繊細で美しい歌声と彼女のキュートな姿を上の動画からチェックしてみよう。EP『Now That the Light Is Fading』をまだチェックしていない方はこちらも併せて是非。