MAGIC STICK が『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のオフィシャルコレクションアイテムをリリース

数々の金字塔を打ち立て、伝説と呼べる唯一の映画『スター・ウォーズ』。スカイウォーカー家の物語の完結編となる『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が、12月20日に遂に全国公開された。時代の寵児となったJ.J. Abrams(J.J.エイブラムス)が再び監督を務め、スカイウォーカー家の”家族の愛と喪失“の物語は、ついに42年に亘る歴史に幕を下ろす。

そんな『スター・ウォーズ』に大きな影響を受けた一人でもある〈MAGIC STICK(マジック スティック)〉デザイナー 今野直隆にとって、長年の夢のひとつであった『スター・ウォーズ』のコレクション。その念願が叶い『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』公開日となる2019年12月20日(金)に〈MAGIC STICK〉からオフィシャルカプセルコレクションがリリースされた。

本コレクションは、オフィシャルグラフィックを落とし込んだ“Classic collection”、“Episode.9 Latest collection”の2シリーズ。“Classic Collection”はロングスリーブTシャツ2型、“Episode.9 Latest collection”はクルーネックスウェット1型、プルオーバーパーカー1型の全4型がラインアップ。

第1弾リリースとなる“Classic collection”のロングスリーブTシャツには、往年の『スター・ウォーズ』ファンならば誰もが反応せざるを得ない大人気キャラクター、ジャバ・ザ・ハット、カンティーナ・バンドの劇中名場面を使用。銀河で最も強大なギャングのひとりで、その影響力は暗黒街だけでなく政界にもおよぶ、ジャバ・ザ・ハット。その魅力たっぷりのキャラクターの名シーンが用いられている。またもう一方のロングスリーブTはルーク・スカイウォーカーとハン・ソロが出会う非常に重要なシーンで登場する流しのバンド、フィグリン・ ダン&モーダル・ノーズ(CANTINA BAND)をあしらい、まさに〈MAGIC STICK〉らしい、ギャング的要素や音楽的要素を落とし込んだ、ブランドとの親和性の高いプロダクトとなる。
 
第2弾となる“Episode.9 Latest collection”は、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のカバービジュアルを大胆にフロントに配したクルーネックスウェットに袖部分にローマ数字に見立てたIXをライトセーバーカラーでプリント。パーカーはTHE FIRST ORDERのロゴをシンプルに配置し、背面はFIRST ORDERの架空募兵のマーチグッズとして見立てたブランドらしいエッセンスを取り入れたパーカー。前述の2型は新シリーズを記念して制作された。

これらのアイテムは、映画の公開にあわせて『代官山蔦屋書店』特設コーナー、〈MAGIC STICK〉オンラインストア、『MAGIC STICK TOKYO』、〈MAGIC STICK〉国内オフィシャルリテーラーにて順次発売開始。“Classic collection”は映画と同日、“Episode.9 Latest collection”は翌週よりゲリラリリースとなる。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。