Maison Margiela より防寒性とデザイン性を兼備した新作フットウェアが登場

これまでに、異素材の組み合わせや実験的なシルエットを用いた数々のフットウェアを展開してきた〈Maison Margiela(メゾン マルジェラ)〉であるが、今回はダウンジャケットの機能性を持つ新作スニーカーを発表した。

暖かみを感じさせるトーンダウンなネイビーを基調としたこちらの新作。ボリューミーな中綿入りのナイロン素材でアッパーを包み、ヒールとつま先にはスエードを施すことで、スポーティーなフォルムながらも上品さ併せ持つ佇まいに。足首には、厚みのあるニット素材が用いられ、さらなる保温性と共にソックススニーカー特有のデザイン要素も兼ね備えている。また、実用的なラバー素材を採用したアウトソールのサイドには、同メゾンのロゴがエンボス加工であしらわれ、静かにその存在感を主張する1足となっている。

〈Maison Margiela〉によるこちらの新作フットウェアは、現在『MODA OPERANDI(モーダ オペランディ)』にて販売中、価格は1,080ドル(輸入関税およびその他諸税込み)となる。気になる方は上記のリンクよりアイテムの詳細をチェックしてみよう。

あわせて、透湿に優れた新素材 FUTURELIGHTを採用した〈THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)〉の新作アウターもお見逃しなく。