マニー・パッキャオが独自暗号通貨 “Pacトークン”をローンチ

6階級制覇を成し遂げたプロボクサーでありフィリピンの上院議員でもあるManny Pacquiao(マニー・パッキャオ)が自らの暗号通貨をローンチした。Pacquiaoは独自暗号通貨を持つ最初のアスリートとなる。

歌手としてアーティスト活動も行うPacquiaoは、フィリピン・マニラで開催された無料コンサートにて、独自暗号通貨“Pacトークン”を発表。ファンはこの“Pacトークン”を使ってマーチャンダイズを購入し、ソーシャルメディアチャネル上でPacquiaoとやり取りする機会を得ることができるという。“Pacトークン”はシンガポールを拠点とする仮想通貨のプラットフォーム『Global Crypto Offering Exchange(GCOX)』を介して取引可能となる。

Pacquiao以外にもこの『GCOX』を通じて、同プラットフォームの出資者のひとりであるサッカー元イングランド代表のMichael Owen(マイケル・オーウェン)、テニスプレイヤーのCaroline Wozniacki(キャロライン・ウォズニアッキ)、R&Bシンガー Jason Derulo(ジェイソン・デルーロ)らが独自トークンをローンチする予定だという。

『Twitter(ツイッター)』CEOのアカウントがハッキングされたニュースはチェック済み?