Maroon 5 が SZA を客演に迎えた新曲 “What Lovers Do” をリリース

日本でも根強い人気を誇るポップロックバンド Maroon 5(マルーン5)が、Kendrick Lamarらを擁する「TDE」所属の実力派R&Bシンガー SZA(シィザ)を客演に迎えた新曲“What Lovers Do”をリリースした。弾むようなリズムでクラブシーンでもヘビーローテーションが期待される本作は、Madonna(マドンナ)、Jason Derulo(ジェイソン・デルーロ)らを手がける若手プロデューサー Jason Evigan(ジェイソン・エヴィガン)による最先端のアレンジが施されている。視聴がまだお済みでない方は、Adam Levine(アダム・レヴィーン)が歌うストレートな大人の男性目線のメッセージにSZAが呼応する甘美なリリックにも注目しながら、下のプレーヤーまたは『Apple Music』を再生してみてほしい。

Kung Fu KennyとAdamが3年ぶりに共演した“Don’t Wanna Know”は、こちらから。