新鋭ドメスティックブランド MASU が日常に潜む“エラー”に焦点を当てた2020年春夏コレクションのルックブックを公開

〈SEVEN BY SEVEN(セブン バイ セブン)〉の立ち上げメンバーとしても知られるデザイナー 後藤愼平の手がける新鋭ブランド〈MASU(エム エー エス ユー)〉から2020年春夏コレクションのルックブックが公開された。

日常に潜む“エラー”に焦点を当てた今季のコレクションには、モノトーンのアーガイル柄を全面にあしらったセットアップやダブルのテーラードジャケット、意図的な“しわ”がシルエットを形作るロングスリーブTシャツ、フェミニンな要素を感じさせるボタニカル柄のジャガード生地が使用されたシャツやスカート風ショートパンツなどがラインアップ。慣習や定番を見直し、再定義することで新たな様式を生み出すというブランドのコンセプト通り、新しい男性像を表現したコレクションに仕上がっている。

まずは上のフォトギャラリーより、コレクションと同様に“エラー”をテーマに撮影された最新ルックブックを確認してみよう。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。