モードの祭典 MET Gala 2018 に来場したセレブリティたちを激写

去る5月7日(現地時間)、米『Vogue』編集長のAnna Wintour(アナ・ウィンター)によるファッションの祭典「MET Gala 2018」が幕を開け、ファッションや音楽、エンターテイメント、アートなど、あらゆるジャンルのセレブリティたちが来場した。本稿では“Fashion and the Catholic Imagination(ファッションとカトリックの想像力)”と題した同イベントに合わせて、アヴァンギャルドかつホーリーなドレスやタキシードに身を包んだ著名人たちをお届け。

各界のスターのなかでも、〈Maison Margiela(メゾン・マルジェラ)〉のヘッドウェアにドレス&ガウン姿でポージングを決めるRihanna(リアーナ)や新天地〈Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)〉の一点ものスーツに〈Nike(ナイキ)〉とのコラボAir Jordan 1“UNC”でカジュアルダウンしたVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)、〈Alexander Wang(アレキサンダー・ワン)〉でシックな雰囲気にまとめたTravis Scott(トラヴィス・スコット)&Kylie Jenner(カイリー・ジェンナー)、〈Chrome Hearts(クロムハーツ)〉で色気を放つBella Hadid(ベラ・ハディッド)は、メディアや観客たちの視線を釘付けにしたことだろう。そのほか、大ヒット映画『ブラックパンサー』で一躍脚光を浴びたChadwick Boseman(チャドウィック・ボーズマン)や〈Gucci(グッチ)〉のデザイナーAlessandro Michele(アレッサンドロ・ミケーレ)、世界を飛び回るファッションアイコンLuka Sabbat(ルカ・サバット)らのパーティスタイルは、上のフォトロールよりご確認を。

この機会に、同祭典にあわせて開幕した世界最大規模のファッション展覧会“Heavenly Bodies”の様子もチェックしておこう。