映画『ブラックパンサー』で悪役を演じていたマイケル・B・ジョーダンが次のスーパーマン?

2013年に公開された映画『マン・オブ・スティール』や、2016年公開の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』といった“DCエクステンデッド・ユニバース”シリーズにてスーパーマンを演じてきた英国の俳優 Henry Cavill(ヘンリー・カヴィル)。2018年9月には、同シリーズの制作を担う「Warner Bros.(ワーナーブラザーズ)」との契約満了によって、Henryが同役を降板するとの噂が立ち、次代のスーパーマン候補として複数の俳優の名が浮上していた。

そんな中、去る2019年11月26日(現地時間)、「Warner Bros.」が、映画『ブラックパンサー』にて一躍スタートなったアメリカ出身の俳優 Michael B. Jordan(マイケル・B・ジョーダン)と、新たなスーパーマンの制作に向けて交渉を進めていたことが明らかとなった。米エンタメ情報誌『Variety』の関連記事によると、Michaelは以前からスーパーマンという人物像に興味を持っており、「Warner Bros.」側とのミーディングにて同キャラクター対する熱い想いや、ヴィジョン、制作のアイデアを積極的に提案していた模様。また、両者は同日『スターウォーズ』や『スタートレック』などの人気映画シリーズを手掛けたJ.J. Abrams(J・J・エイブラムス)ともミーティングを行ったようで、新たなシリーズの制作について期待を膨らませている。

しかし、「Warner Bros.」は『スーパーガール』の映画化に焦点を当てており、スーパーマンを描く単独作品の制作するにしても数年先のことになるようだ。今回のMichaelのキャスティングが実現すると、史上初となる黒人のスーパーマンが誕生することになる。一方、Henry氏は、同年11月24日に行われた『Variety』誌とのインタビューを通じて「(スーパーマンの役は)まだ僕のものさ。これからも人々に見せたい姿が沢山ある」と卒業説を否定している。

先述の通り、新『スーパーマン』シリーズはまだ企画段階?のようなので、今後のアップデートに引き続き注目していこう。

「Warner Bros.」の最新作『ジョーカー』の続編に関する噂はチェック済み?