mita sneakers 提案の伝説のカラー“温故知新”が Dunk Low JP QS より発売決定

世界最大のスポーツカンパニー〈Nike(ナイキ)〉は、その歴史の中で不朽の名作と形容されるスニーカーを数多くリリースしてきた。そのひとつに位置付けられるDunkは1980年代半ばの全米大学バスケットボールリーグの隆盛を背景に、スクールカラーでアッパーを配色したモデルが登場して以降、スニーカーカルチャーを代表する一足として今なお老若男女から愛されている。

そのDunkより、地域性を反映した新しいプロダクトやコンセプトを日本/東京から世界へと発信した伝説のプロジェクト“CO.JP(コンセプトオブジャパン)”の『mita sneakers(ミタスニーカーズ)』提案カラー“温故知新”がDunk Low JP QSより発売決定。かつてAir Force 1からリリースされた同カラーウェイは、80、90、00年代とその時代を象徴するマテリアルを前足部、中足部、後足部に三分割で配し、スニーカーの進化過程を表現した逸足として語り継がれているが、今回のスペシャルモデルは市販された“温故知新”へのアンサーとして“日進月歩”をテーマに製作された7足限定のプロモーションバージョンと同じ幻のスペックを採用。また、年代やセオリーにとらわれることなくランダムな発想でマテリアルを配したスペシャルモデルの発売を記念して、『mita sneakers』は今野直隆が手がける〈MAGIC STICK(マジックスティック)〉と再び手を組み、同カラーにフックした#TODAYSKICKS TAG MATも同時展開する。

Dunk Low JP QS “温故知新”と『mita sneakers』x〈MAGIC STICK〉 #TODAYSKICKS TAG MAT “ONKOCHISHIN”は、7月8日(土)より発売開始。後世に語り継がれるであろうプレミアムな一足をお買い逃しなく。