三菱自動車が東京モーターショーで“EVO”のDNAを受け継ぐ新型コンセプトカーを世界初披露

2017年10月25日(水)から11月5日(日)までの期間中、『東京ビッグサイト』では「第45回東京モーターショー2017」が開催される。毎年日本の自動車メーカーから世界を騒つかせる新作がお披露目されることでもお馴染みだが、「三菱自動車」はその舞台で、新たな成長と発展、そしてこれからのクルマづくりの方向性を示唆するコンセプトカー“MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT”を世界初披露することを発表した。同コンセプトは、三菱自動車が得意とするEV技術や、四輪制御技術に代表されるSUVノウハウを一層進化させるとともに、新たにAI技術を搭載したクロスオーバーSUVタイプのハイパフォーマンスEVで、乗る人の行動意欲を駆り立て、一歩先へと踏み出す気持ちを後押し。スポーツカー乗りたちは“LANCER(ランサー)”が付かないことに肩を落とすかもしれないが、「三菱自動車」が車名に“EVOLUTION”を掲げたことには独自EVの進化形という意味が込められている。

なお、同社は「第45回東京モーターショー2017」に関する様々な情報を発信するスペシャルサイトを開設しているので、車好きはアップデートをお見逃しなく。

また、余談であるが、LANCER Evolution(ランサー エボリューション)は“ファイナルエディション”を最後に生産を中止。だが、益子修社長が今年の株主総会で「ランエボの再開発に挑戦したい」と発言したことを機に、「Renault(ルノー)」製エンジンを搭載し、2019年に復活すると言う噂がある。果たして、その噂が現実になる日は来るのか、首を長くして待ちたいところだ。