ブランドイメージを覆す MIZUNO 1906 RB-LINE 2019年春夏ルックブック

〈MIZUNO(ミズノ)〉を象徴するコーポレートロゴ“RUNBIRD”をフィーチャーしたライフスタイルカテゴリーのスニーカー〈MIZUNO 1906 RB-LINE〉が、2019年春夏コレクションのルックブックを公開した。

新シーズンは、1987年リリースのランニングモデルを街履き仕様へとアップデートしたML87やGV87、短距離ランナーのために開発された陸上スパイクを背景に持つRS88といった定番モデルに加えて、新作も続々とラインナップ。また、フォトセットからは『mita sneakers(ミタスニーカーズ)』や「La MJC」も参加するグローバルプロジェクト“KAZOKU”でのリリースを皮切りに、〈MIZUNO〉が培ったものづくりの技術とその存在感を市場に知らしめたWAVE RIDER 1や、『Dover Street Market(ドーバーストリートマーケット)』での先行販売も記憶に新しいRHRNなどの姿も確認することができる。

今後も動向を追いかけていきたい〈MIZUNO 1906 RB-LINE〉のルックブックは、上のフォトギャラリーからご確認を。

あわせて、砂浜とクリアな海を彷彿とさせるWAVE RIDER 1 “SEA SHORE”の発売情報もお見逃しなく。