MARGARET HOWELL x MIZUNO がスイムウェアに焦点を当てたコラボコレクションをリリース

英国トラディショナルの開拓者として、1970年代より洗練された世界観を提案し続ける〈MARGARET HOWELL(マーガレット ハウエル)〉が、2017年秋冬シーズンにはじめて発表された〈MIZUNO(ミズノ)〉とのコラボレーションを拡大。〈MIZUNO〉は創業110年以上の歴史の中で培ったものづくりの技術が見直され、最近では『Dover Street Market(ドーバー ストリート マーケット)』にもストックされるなど注目度の上昇が著しいが、今季の両者はシューズのみの展開から一変、スイムウェアに着目し、両者のクラフトマンシップを讃えている。

他ブランドはなかなか着手しないスイミングというカテゴリー。しかし、デザイナーのMargaretは毎週欠かさずスイミングをしており、スイムウェアは彼女にとって非常に身近なアイテムなのだ。メンズ用のスイミングトランクスは機能的なソニックラインデザインで、体幹と太ももの後部からヒップにかけての筋肉をサポートし、水面と身体が平行になることで泳いだときの水の抵抗を軽減。一方のウィメンズ用のスイムスーツは、背中がクロスしたレーサーバックのカッティングになっていて、腕を動かす時に生地が邪魔にならないよう、肩甲骨部分の生地をなくしている。

また、本コラボコレクションではスイムウェアのみならず、耐水性と透湿性を兼備し、着用時に汗をかいても湿度を放出する素材を採用したフード付きブルゾンや、ランドリーバッグも同時展開。

〈MARGARET HOWELL〉のコレクションの理念にも通ずる〈MIZUNO〉の物へのこだわりと現代的な解釈を込めてつくりあげるスポーツスタイルにトリビュートを捧げた各アイテムは、現在〈MARGARET HOWELL〉の直営店ならびにオンラインストアにて発売中。

『HHHYPE(ハイプビースト)』がお届けするその他の最新ファッショントピックスは、こちらから。