日本人アーティスト 中瀬萌 による個展が10月4日より中目黒・みどり荘にて開催決定

1993年生まれで現在26歳の日本人アーティスト 中瀬萌が個展の開催を発表。“IN THE FOG.”と題され、10月4日(金)より10日間の会期で中目黒『みどり荘』のギャラリースペースにて開催となる。

美術史上最古の絵画技法の一つとされるエンカウスティーク(蠟画)をもとにした独自の技法を用いて、2014年から独学での制作活動を続けている中瀬萌。彼女が「生きるための自由とは何か」という自問のなかで落とし込んだ何層もの蝋が織り成す色彩のレイヤーは互いに干渉し合い、そうして生まれた作品は偶発性を伴った独自技法ならではの繊細さ、そしてその背後にある確固たる何かを同時に感じさせる。ちなみに、2016年にはその作品に惚れ込んだRADWIMPSのフロントマンである野田洋次郎からのオファーにより、野田氏によるソロプロジェクト illion名義のアルバム『Water lily』のカバーアートワークを手がけている。

直近の中瀬氏の活動として上げられるのは、2018年に六本木にて開催された個展、2019年3月のアートフェア東京への出展、その後はタイ・バンコクのアーティスト・イン・レジデンスにて約1ヶ月間の制作活動やグループ展への参加など。また、それらを経ての約1年ぶりの日本での個展となる今回の“IN THE FOG.”では、中瀬氏初のペインティング作品も発表されるとのこと。

彼女のことを知っていた方も知らなかった方も、是非会期中に会場となる中目黒『みどり荘』まで足を運んで中瀬萌の世界観を直に感じてみてはいかがだろうか。開催概要は以下の通り。『HHHYPE』がお届けするその他の最新アート関連ニュースの数々もお見逃しなく。

IN THE FOG.
会期:2019年10月4日(金)~10月13日(土)
時間:12:00 – 20:00
会場:みどり荘 3F
住所:〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-3-11
オープニングレセプション:10月4日(金)18:00 – 21:00(どなたでも参加可)