Streetsnaps:Moscow Fashion Week Fall/Winter 2018 Part.1

フランス・パリに続いて身も凍えるような寒さのロシア・モスクワに舞台を移したファッションウィーク。今回は豪華参列者やファッションアイコンが集うパリやミラノの大人の雰囲気とは少し異なり、ユース感漂うモスクワヘッズたちを捉えたフォトセットをお届け。土地柄的に重量系アウターを1点投入したスタイルが多いのかと思いきや、素材でメリハリを利かせたステンカラーコートの重ね着やフーディにスケルトンコートを羽織る個性的な着こなしが見受けられる同国では、ストリートシーンを席巻する〈Gosha Rubchinskiy(ゴーシャ・ラブチンスキー)〉や〈Vetements(ヴェトモン)〉といったブランドだけでなく古着を多用したスタイリングも数多く見受けられる。だが一方、足元にフォーカスを当ててみると、やはり世界のファッションウィークで度々確認してきた〈Balenciaga(バレンシアガ)〉のTriple Sや〈adidas by Raf Simons(アディダス バイ ラフ・シモンズ)〉によるOzweego III(オズウィーゴ 3)など、不細工スニーカーを筆頭に〈Nike(ナイキ)〉のAir Force 1やAir Jordan 3といったクラシックシリーズも人気を集めている模様。

ひとまず、巧みなレイヤード術が光るモスクワヘッズたちの着こなしを上のフォトロールよりチェックし、『HHHYPE』がこれまでお送りしてきたその他#Streetsnap企画もあわせてご覧あれ。