世界で最も“高価な都市” TOP 10の2019年度版ランキングが発表

イギリス・ロンドンの『The Economist』が運営する“Economist Intelligence Unit”が世界で最も“高価な都市”ランクの2019年度版を発表した。最新の順位付けでは、シンガポール、香港、パリの3都市が1位タイ。シンガポールのナンバー1は昨年と変わらず、香港とパリはそれぞれ4位と2位から順位を上げた。

“世界の生活費2019”と題されたこの報告書は、食料費、交通費、衣料品の価格、さらに通貨の変動を含むいくつかの要因に基づいて世界の地域を分析。トップ3に続き、アジアとヨーロッパから複数都市がトップ10圏内を占める一方、米国からはロサンゼルスとニューヨークの2都市のみがランクイン。ロサンゼルスは昨年16位より6つ順位を上げ10位、ニューヨークは4つ順位を上げ7位タイに。これはアメリカでの生活費が高騰している証といえるだろう。また、アジアでは食料品が高く、中東では自動車の価格が高いなど、様々な要因が重なり合いこのランキングを形成している。日本からは唯一、大阪が5位にランクイン。トップ10の詳細は以下よりご確認を。

世界で最も高価な都市 2019
1位(タイ):シンガポール、パリ、香港
4位:チューリッヒ
5位:ジュネーヴ、大阪
7位(タイ):ソウル、コペンハーゲン、ニューヨーク
10位(タイ):テルアビブ、ロサンゼルス

2019年度版“首都圏における街の住みここち”ランキングTOP 10はチェック済み?