2019-20シーズンにおいて“最も市場価値のあるサッカー選手 Top 10”が発表

サッカーを専門とする研究グループ「CIES Football Observatory」から、2019-20シーズンにおいて“最も市場価値のあるサッカー選手Top 10”が発表された。

トップの座に輝いたのは、パリ・サンジェルマンに所属する若き天才、Kylian Mbappé(キリアン・ムバッペ)。調査によると、彼の市場価値はおよそ2億6,520万ユーロ(約322億円)となっている。次いで、2位に2億2,370万ユーロ(約272億円)でマンチェスター・シティ所属のRaheem Sterling(ラヒーム・スターリング)、3位には1億7,510万ユーロ(約213億円)でリバプール所属のMohammed Salah(モハメド・サラー)がランクイン。この上位3選手の年齢は、順に21歳、25歳、27歳となっており、単純な実力に加えて、これからも活躍できるという意味で“若さ”が重要な指標となっていることが伺える。
また他にも、クラブと代表両チームでのパフォーマンス、ポジション、所属リーグ、所属チームの経済状況など、ピッチ内外のあらゆる要素から、選手の市場価値が算定されているとのこと。

気になるランキングは、下記よりチェックしよう。

2019-20シーズンで最も市場価値のあるサッカー選手 TOP 10

1. キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)– 2億6,520万ユーロ(約322億円)
2. ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)– 2億2,370万ユーロ(約272億円)
3. モハメド・サラー(リバプール)– 1億7,510万ユーロ(約213億円)
4. ジェイドン・サンチョ(ボルシア・ドルトムント)– 1億6,890万ユーロ(約205億円)
5. サディオ・マネ(リバプール)– 1億5,560万ユーロ(約189億円)
6. ハリー・ケイン(トッテナム・ホットスパー)– 1億5,050万ユーロ(約183億円)
7. マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)– 1億3,430万ユーロ(約163億円)
8. リオネル・メッシ(バルセロナ)– 1億2,550万ユーロ(約152億円)
9. アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)– 1億2,360万ユーロ(約150億円)
10. ラウタロ・マルティネス(インテルナツィオナーレ・ミラノ)– 1億1,570万ユーロ(約140億円)

米経済誌『Forbes(フォーブス)』が発表した“過去10年間に最も稼いだアスリート TOP 10”も合わせてチェックしよう。