ウォリアーズ最後の希望 ケビン・デュラントがNBAファイナル第5戦で戦列復帰?

トロント・ラプターズにまさかのホーム2連敗を喫し、「NBAファイナル」の対戦成績が1勝3敗となったゴールデンステート・ウォリアーズ。窮地に立たされた王者にとって最後の希望となるKevin Durant(ケビン・デュラント)が第5戦に向け、練習を再開した模様。

KDの練習再開は、5月8日(現地時間)のヒューストン・ロケッツとのカンファレンス・セミファイナルで怪我をして以来の試みとなるが、そこで問題がなければ、6月10日(同時間)の5戦への出場が期待される。ただし、出場時間に制限がかかる可能性も高く、楽観視はできないだろう。さらにウォリアーズファンにとっては不吉なデータだが、レギュラーシーズンでの対戦は、2試合ともDurantがプレーしたにも関わらず、両試合でラプターズに敗北していてる。2018年11月29日(同時間)の初戦は、Durantが51点をあげているがオーバータイムの末に3点差で一歩及ばず。2018年12月12日(同時間)の試合は、Kawhi Leonard(カワイ・レナード)不在のラプターズにホームで20点差を付けられ負けている。

第5戦は、ウォリアーズにとって“マストウィン”試合となるが、王手をかけたラプターズとってもプレッシャーのかかる1戦となる。しかし、“ターミネーター”Leonard率いる恐竜軍団ラプターズは抜かりなく王者を仕留めにかかるだろう……。

その他「NBAファイナル」関連のニュースもお見逃しなく。