NBA と Nike がハチマキの着用を禁止?

NBAはファッションとも密接な関係のある数少ないメジャースポーツ団体であり、バスケットシューズを左右非対称のカラーで履いたり、〈Supreme(シュプリーム)〉のアームバンドを着用したりと、さまざまなオンコート・トレンドが存在する。昨シーズンの一大流行といえば、忍者を彷彿とさせるハチマキスタイルだろう。Maurice Harkless(モーリス・ハークレス)やJimmy Butler(ジミー・バトラー)が使用しはじめて以降、ヘッドバンドの代わりとなるハチマキは瞬く間に拡散し、Jarrett Allen(ジャレット・アレン)やJrue Holiday(ドリュー・ホリデー)らも頻繁にハチマキを着用してプレーをしていた。

しかし、NBAと〈Nike(ナイキ)〉は、2019-20年シーズンにコート上でハチマキの着用を禁止する意向のようだ。理由は「プロフェッショナルではないから」とのことだが、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのMike Scott(マイク・スコット)は「それこそアンプロフェッショナルだ」と反論している。

プレーに支障があるようには見えないが、かつてMichael Jordan(マイケル・ジョーダン)がAir Jordan 1の着用を禁止されたように、NBAはコート上でのオシャレを快く思わない体質なのかもしれない。筆者としては『ミュータント・タートルズ』のような雰囲気で気に入っていたのだが、読者のみなさんはいかがお考えだろうか。

『HHHYPE(ハイプビースト)』がお届けするそのほかのNBA情報は、こちらから。