NBAのスニーカーチャンプ PJ・タッカーが一風変わったギブアウェイ企画を実施

先日〈Nike(ナイキ)〉との再契約が間近と報じられたNBAヒューストン・ロケッツのP.J. Tucker(PJ・タッカー)。そんなNBAのスニーカーチャンプが、暇つぶし(?)に『Instagram』のストーリーズを利用した一風変わったギブアウェイ企画を実施。

まず最初の投稿でギブアウェイをアナウンス。今回はAllen Iverson(アレン・アイバーソン)の初代シグネチャーである〈Reebok(リーボック)〉Question Midが対象となるようだ。続いて、ロケッツのホームコート『Toyata Center』付近のジャクソン・ストリートの標識とTucker自身の巨大バナーを映す。そして、ドサッとおもむろにシューズボックスを投げて、早い者勝ちのギブアウェイがスタート。

かなり雑な展開だが、タイムリーにTuckerのIGストリーズをチェックしていたヒューストン在住のファンはラッキーだったことだろう。その一部始終は上のスライドからご確認を。

〈Off-White™️(オフホワイト)〉がLeBron James(レブロン・ジェームズ)とNick Young(ニック・ヤング)を間違えた珍事件はご存知?