NBA レジェンド Shaq の名を冠したブランドのヤバ過ぎる“パクリ”スニーカーを一挙紹介

先日47歳のバースデーを迎えたShaq(シャック)ことShaquille O’Neal(シャキール・オニール)は、オーランド・マジックやロサンゼルス・レイカーズ、マイアミ・ヒートなどで活躍し、NBA3連覇を含む4度の優勝経験の誇るNBAレジェンドである。鳴り物入りでNBA入団したShaqは、引く手数多のスポンサー契約候補の中から、〈Nike(ナイキ)〉ではなく〈Reebok(リーボック)〉、「Coca-Cola(コカ・コーラ)」ではなく「Pepsi(ペプシ)」といった具合に敢えて市場のトップランナーを外し、2番手との契約を結んだことでも知られている。

その後、〈Reebok〉で数年を過ごしたShaqは、当時(現在でも)ではかなり珍しい自身のシューズブランドを立ち上げる。(恐らく)短命に終わった〈Dunk.net(ダンク ネット)〉というブランドを経て、Michael Jordan(マイケル・ジョーダン)のように自身の名を冠した〈Shaq Brand(シャック ブランド)〉を展開。ちなみにO’Neal自身はキャリア終盤に中国発のスポーツカンパニー〈Li-Ning(リーニン)〉と契約を結び、現役生活を終えている。

この〈Shaq Brand〉はスーパーマーケットで数十ドルで販売されているような格安ブランド(現在ではキッズ用のみが展開されているようだ)であり、〈Nike(ナイキ)〉を中心としたバッシュのデザインをパクリまくっていることで無駄に話題を呼んでいる。あまりにも一目瞭然なので、何がどのモデルをパクっているのかは説明しないが、その“ヤバイ”デザインの数々を上のフォトギャラリーから楽しんでほしい……。そして本稿でご紹介し切れなかったモデルはこちらよりご確認を。

『HHHYPE』がお届けするその他フットウエア関連のニュースもお見逃しなく。