佐藤オオキ率いるデザインオフィス nendo と文房具メーカー KOKUYO による接着用品の新ブランド GLOO が登場

過去に“世界が尊敬する日本人100人”にも選出された佐藤オオキが率いるデザインオフィス「nendo(ネンド)」と、文房具やオフィス家具を製造・販売する「KOKUYO(コクヨ)」がタッグを組んで、デザイン性と機能性を兼ね備えた接着/粘着用品の新ブランド〈GLOO(グルー)〉を発表。

同ブランドは、“貼るってこんなに変われる”をコンセプトに、“貼る”という行為を単なる作業ではなく、新しい価値を生む創造的な行為と位置づけ、使うたびに心地よく、そばに置きたくなるプロダクトを製造。その新商品のラインアップには、角までぬりやすいスティックのり、持ち方えらべるテープのり、色が消える瞬間接着剤、片手で軽く切りやすいテープカッターの4つが並ぶ。本体デザインはいずれもマットホワイトを基調に、ロゴや記載事項はライトグレーで小さく印字する程度にとどめ、デスクに置かれた際のノイズを最少化。これらの商品開発には3年の時間が費やされ、貼る行為へのストレスをひとつひとつ丁寧に抽出し、整理し、それらの解決策としての形状が導き出された。「KOKUYO」の製品技術と「nendo」のデザインセンスを融合した、高い機能性とミニマルでスタイリッシュな美しさを追求した最新プロダクトの数々は、2019年1月より全国発売。また、全4アイテムがセットになったGLOO BOXは、12月5日(水)より一部の取り扱い店舗にて数量限定でリリースされるとのこと。まずは、下のビデオクリップより気になるアイテムのディテールを確認してみよう。

あわせて、『HHHYPE』独自の目線からご紹介するその他の建築/デザイン関連の情報もお見逃しなく。