さまざまな “GAP” にフォーカスした NICENESS の2019年秋冬ルックブック

これまで様々なブランドで経験を積んできたデザイナーの郷裕一が、“Just good is good=イイものはイイ”をコンセプトに掲げ、2018年春夏シーズンに始動させたファッションブランドの〈NICENESS(ナイスネス)〉より、2019年秋冬コレクションのルックブックが到着した。

2019年秋冬シーズンのコレクションテーマは“GAP”。前シーズンまでのように、特定の年代のイメージを再解釈してデザインに落とし込むだけではなく、文字表現や思想として残されているものからもインスピレーションを得て、コンセプチュアルな表現をしたコレクションてとなっている。〈NICENESS〉が今季着目した“GAP”の一例をあげると、例えば“綿とカシミアのGAP
”や“カジュアルとクラシックのGAP
”。ブランドはこれらの“GAP”について以下のように説明している。

- 綿とカシミアのGAP

デッドストックの幻の生地を使用しました。見ても触ってもカシミアだと感じると思います。しかし、実際は綿で作られています。9 0年代にカシミアは高級品だったため、「綿で同じようなものは作れないか」と、実験的に作られた生地が工場に残されていました 。視覚と触覚、現実のGAPを楽しんでもらえたら嬉しいです。

- カジュアルとクラシックのGAP

表面的にはカジュアルで着やすそうなアイテムを作っています 。ですが、内側の構造やシルエットは、かなり緻密にこだわり、クラシックテイストなものづくりになっています。カジュアルな見た目と、クラシックな構造のGAPを楽しんでもらいたいです。

ほかにも“人によって異なる価値観のGAP”や“大人と子供のGAP”、“安いモノと高いモノのGAP”などさまざまな“GAP”がイメージソースとされたという〈NICENESS〉の2019年秋冬コレクション。生地やシルエット、構造にこだわりながら生み出された“GAP”のあるアイテムを上のフォトギャラリーから確認してみてほしい。

『HHHYPE』がお届けするその他の最新ファッション関連ニュースの数々もお見逃しなく。