バラの刺繍とサテン素材で大人の表情に仕上げられた新作 Nike Air Force 1 が登場

〈Nike(ナイキ)〉がNike Airを搭載した世界初のバスケットボールシューズとして1982年に発売した、スニーカー史にその名を刻むAir Force 1(エアフォース1)。これまでにもその35年以上の歴史の中で数々のモデルが発売されてきており、直近では“白蛇”モデルこと“Cocoa Snake”モデルの復刻や〈Supreme(シュプリーム)〉と〈COMME des GARÇONS SHIRT(コム デ ギャルソン・シャツ)〉とのトリプルネームモデル、Air Force 1 Hi VIPの第2弾モデルなどでも話題を集めた名作の中の名作モデルだ。

そして今回は、そんなAF1にシックでリュクスなデザインが落とし込まれた大人な表情を放つ1足のビジュアルが浮上した。その1足はブラックカラーを基調とし、アッパーに光沢感のあるサテン素材を採用。アウトソールのはホワイトのものを搭載してデザインを引き締め、デュプレ(シューレースに取り付ける金属パーツ)はゴールドでリュクス感を更にプラス。極めつけはヒール部分にワンポイントで配されたバラの刺繍であり、AF1というスポーティーな1足ながら妖艶な雰囲気漂うデザインに仕上げられている。日本国内では11月24日より一部取扱店でリリース開始。価格は14,040円(税込)。

その他の注目スニーカー関連ニュースの数々もお見逃しなく。