Nike より1990年代の名作キックスDNAを受け継いだ新作 Air Force 270 が登場

新生Air Max 270直系の特大Airユニットを搭載したモデル、Air Force 270に1990年代の名作スニーカー、Air Command Forceのカラースキームを纏った新作モデルが登場。

1991年にリリースされたAir Command Forceと聞いてサンアントニオ・スパーズの背番号50を思い浮かべた方は、なかなかのNBA通であろう。〈Nike(ナイキ)〉は本モデルのキャンペーンに、当時スパーズのエースとしてリーグを席巻していたDavid Robinson(デイビット・ロビンソン)を起用。バスケットボールファンの間では、Robinsonの非公式シグネチャーとして記憶に刻まれている。本モデルは、ブラックとホワイトを基調に、レトロな印象を引き立てるジェードグリーンがアッパーの細部やストラップ、Airユニットに挿し込まれ、ミッドソールには90年代キックスの空気感を漂わせる斑点模様のプリントが施されている。このAir Force 270 “Command Force”は今月中のリリースが予定されている。まずは上のフォトロールよりそのビジュアルをチェックし、国内展開については〈Nike〉からのアップデートに期待しよう。

その他のスニーカーニュースの数々もお見逃しなく。