Nike が“海の日”をテーマとした Air Max 95 の新色を発表

“Air Max狩り”という言葉が世間を騒がすほどの社会現象を巻き起こした〈Nike(ナイキ)〉のAir Max95。その名の通り、1995年に初登場し日本のハイテクスニーカーブームの火付け役となった同モデルに、“海の日”を祝う新色が追加された。

AM95を象徴する流線形のアッパーを、コントラストの効いたネイビーとホワイトで彩ることで、海を彷彿とさせるマリンボーダーを表現。加えて、スウッシュ、“airmax”ロゴ、ヒール部分のビジブルAirに差し込まれた鮮やかなピンクがデザインのアクセントに(前足部とヒールでAirの配色が異なるのはやや珍しい)。アッパー素材にはオリジナルモデルと同じくレザーとメッシュが踏襲され、デザイン性だけでなく、夏場の着用にふさわしい通気性も兼ね備えた1足となっている。

今回紹介したNike Air Max 95 “MARINE DAY”は、現在『atmos(アトモス)』オンラインストアにて販売中のほか、『SNKRS』では、海の日当日の7月15日(月)9時より発売予定。価格は18360円(税込)となる。

Tinker Hatfield(ティンカー・ハットフィールド)のスケッチから着想を得た新作Air Max 1もチェックしておこう。