Nike が2018年の Air Max Day に向けた新作フットウェアの数々を遂に発表

世界のスポーツ/フットウェアシーンを牽引する〈Nike(ナイキ)〉より、今年の“Air Max Day(3月26日)”を祝すべく制作された新作フットウェアの数々が遂に発表となった。

昨年の“Air Max Day”ではAir VaporMax FlyknitやAir Max 1 “atmos elephant”などをはじめとするフットウェアが発表されたことで大いに話題を集め、東京・上野の『東京国立博物館 表慶館』にて開催された大規模スニーカーイベント「AIR MAX REVOLUTION TOKYO」が大盛況を見せたことも記憶に新しいが、今回〈Nike〉は今年2018年の“Air Max Day”コレクションとして計7型の新作フットウェアを発表。

その中心的モデルとなるのは、先日ついにその発売情報も発表された新生Air Max 270(上画像中央)。また度々噂されていたAir Max PlusとAir VaporMaxのマッシュアップモデルであるAir VaporMax Plus(上画像右中段)や、Air Max 97とAir VaporMaxを組み合わせたAir VaporMax 97(上画像右下)、スニーカーヘッズから高い人気を誇るAir Max 93を前記のAir Max 1 “atmos elephant”を彷彿とさせるカラーリングで仕上げた新作モデル(上画像左下)、1992年にルーツをもつAir Max 180のオリジナルモデル“Ultramarine”を復刻させたモデル(上画像左中段)、昨年誕生しシーンを席巻させたAir VaporMax Flyknitの次世代モデルであるAir VaporMax Flyknit 2.0(上画像左上)、そして昨年の“VOTE FORWARD”で見事1位に輝いたSean Wotherspoon(ショーン・ワザーズプーン)手がけるAir Max 1/97 “Vote Forward” SW(上画像右上)も発表された。

まだ日本国内における発売情報が明らかになっているのは新生Air Max 270のみだが、『HHHYPE』でも新たな情報が入り次第お伝えしていくので、まずは今回〈Nike〉が公開した新作フットウェアのビジュアルを上からチェックしておこう。

その他のフットウェア最新ニュースの数々も併せてご確認を。