Nike が2017年の裏フラッグシップモデル Air Max Flair “LIMITED EDITION for NONFUTURE” をゲリラリリース

〈Nike(ナイキ)〉よりリリースが相次ぐ2017年のフラッグシップモデル・Air Vapormaxの裏で、Airを搭載したもうひとつの新作がデビューしていたことをご存知だろうか。Air Max Flair。アメリカを中心に世界規模で店舗展開する『Foot Locker』の販路限定モデルとしてリリースされた本作は、近年のスニーカーシーンで注目を集めるモダンコンフォートシューズ仕様のアシンメトリーなデザインを特徴とし、アッパーには〈Supreme(シュプリーム)〉からのコラボモデルのドロップも記憶に新しい、Air More Uptempoを彷彿とさせるAIRの文字が配置されている。また、ソールユニットにはAir Max 2014と同じく薄型フィルムを採用し軽量化にも成功したほか、抜群のクッション性能でスニーカーフリークたちを唸らせる360°AIRを搭載。さらに、〈Nike〉のランニングカテゴリーの原点とも言えるワッフルソールからインスピレーションを受けたアウトソールパターンを用いながら、前足部にフレックスグルーブを使用することで屈曲性を更に向上させ、その独創的な発想の数々を融合に成功した。

そんな都市生活にフィットする多目的で実用的な機能性を備えたスリッポンとしても使用可能なAir Max Flairが、ゲリラ的市場投下で好評を博すカタログ外コレクション“LIMITED EDITION for NONFUTURE”から登場することが決定。『mita sneakers』ではブラック、ホワイト、レッドの全3色が展開され、価格は18,000円(税抜)。発売日は5月20日(土)となっているので、カレンダーのマークをお忘れなく。