Nike よりOGモデルの風格漂うオレンジグラデーションの新作 Air Max Plus が登場

1998年に誕生し、昨年2018年に生誕20周年を迎えた〈Nike(ナイキ)〉の名作スニーカーAir Max Plus(エアマックスプラス)。”Tuned Air(チューンドエア)”を搭載し、ヤシの木からインスピレーションを得たとされる波打つ樹脂パーツが独特の存在感を放つAir Maxシリーズの中でも異彩を放つデザインが魅力的のモデルだが、今回そのオリジナルカラーモデルに通ずるデザインが落とし込まれた1足のビジュアルが登場。

オレンジのグラデーションアッパーや樹脂パーツのブラックなどOGモデル通称“Sunset”同様のデザインパーツを用いて堂々たる風格を漂わせる今回の新作。しかしながらOGモデルと比較してみるとミッドソールをブラック、シューレースとスウッシュをホワイトカラーに変更することでよりスタイリッシュな表情を際立てたデザインに仕上がっている。まだ詳細な発売情報は不明なままだが、海外では今後数週間のうちのリリースが濃厚とのこと。気になる方は引き続き〈Nike〉からのアップデートを待とう。

そのほかの最旬スニーカー関連ニュースの数々もお見逃しなく。