Nike より純白でフォーマルにメイクオーバーされた新作 Air Max Plus が登場

先日遂に〈Nike(ナイキ)〉より今年の“Air Max Day”を祝すべく制作された新作フットウェア全7型が発表され、今もなおフットウェア/ストリートシーンからの根強い人気度が伺えた今日この頃。そして今回、その追い風に身を委ねるかのごとく90年代に多く見られたクリーンな装いを纏った新作Air Max Plusが登場となった。

今年で誕生20周年を迎える同モデルは、昨年からAir VaporMaxのソールユニットを搭載したマッシュアップモデルやグレー/オレンジでミリタリーに仕上げた新色モデルの発売が噂されるなど、近年ヘッズたちの注目度も高いようだ。そのマップラブームに追い討ちをかけるかのように今回登場した新モデルは、アッパーから流線的なオーバーレイまでピュアホワイトを基調に、ヒールに配した“Tn Air”ロゴと内側のみに用いたオレンジのAirユニットでアクセントを効かせた通好みの仕上がりとなっている。このAir Max Plus“Triple White”は、『Allike』をはじめとする一部取り扱い店にて160ユーロ(約21,700円)で現在販売中。

また、計8足もの新作フットウェアが発表された〈Jordan Brand(ジョーダン ブランド)〉2018年春コレクションの全ラインアップもお見逃しなく。