Nike による自動シューレース調整付きモデル HyperAdapt 1.0 の内部構造が明らかに

昨年のスニーカーシーンを大いに盛り上げた一足といえば〈Nike(ナイキ)〉による、自動シューレース調整機能付きシューズの「HyperAdapt 1.0」。映画『Back To The Future 2』に登場した“未来の靴”「Nike Air Mag」の市販版として、720ドルで発売された。そんな高価でレアな一足を『MindTribe』は解体し、モーターからチャージャーまでの複雑な内部構造を解説。彼らは「驚くほど丈夫なハードウェア」だとコメントした。詳しいレポートが読みたい人はこちら(英文)からチェックしてみよう。