Nike による話題の新作ダッドスニーカー M2K Tekno に別カラーモデルの存在が判明

先日その海外リリース情報が明らかになり、日本でも多くのファッショニスタたちが注目している〈Nike(ナイキ)〉による新作ダッドスニーカー、M2K Tekno。ボリューミーなシルエットが特徴的なAir Monarch(エア モナーク)をベースにしたとされる話題の新作シューズだが、今回その1足にブラック/ボルトカラーリングを落とし込んだ新色モデルのビジュアルが登場。

〈John Elliott(ジョン・エリオット)〉の2018年秋冬コレクションにてお披露目された先述の1stモデルがホワイトカラーを基調にオレンジでアクセントを効かせたクリーンなデザインであったのに対し、今回はブラックを基調にしたシックな雰囲気に。ヒールパーツや志位さなスウッシュに蛍光色のボルトカラーを用いることでスポーティーなエッセンスを加え、ミッドソールのホワイトカラーでデザインを引き締めたこちらも注目のデザインに仕上がっている。このブラック/ボルトカラーモデルも5月19日(現地時間)より100ドルで海外リリースを迎える予定とのことなので、まずはそのビジュアルを上から確認し、引き続き新情報の登場を待とう。

3Dプリント技術を用いた〈Nike〉の新作ランニングシューズ Zoom VaporFly Elite Flyprintや、〈Nike〉x『atmos』による話題の新作Air Max 95 atmos “We Love Nike”など、『HHHYPE』がご紹介するその他の注目スニーカーニュースの数々もお見逃しなく。