Nike がいま世界で最も価値のあるファッションブランドに輝く

イギリス・ロンドンに本拠を置くリーディングカンパニー「Brand Finance(ブランドファイナンス)」が、2018年上半期における“The most valuable apparel brands of 2018(グローバルブランド価値ランキングTOP50)”を発表。同ランキングでは、企業ブランド力を数値化してランキング化するものであり、昨年「Interbrand(インターブランド)」が発表した2017年下半期のランキングでは、〈Supreme(シュプリーム)〉とのコラボレーションで話題を集めた〈Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)〉が見事1位に輝いている。

そして今回発表されたランキングによると、世界で最も価値のあるブランドは第三四半期に約10億ドルの損失を計上したのにも関わらず、Air Max Day(3月26日)に向けて回復を魅せたスポーツ/ファッションカンパニーの〈Nike(ナイキ)〉が王座を死守。そのブランド価値は、280億ドルを超えると見られており、2位の〈H&M(エイチアンドエム)〉と100億ドルの差をつける圧倒的な勝利となった。なお、日本が誇るファッションブランド〈UNIQLO(ユニクロ)〉は、前年5位に位置していたものの最新版では順位を4つ下げて9位にランクイン。その他、“The most valuable apparel brands of 2018”の全結果はこちらよりチェック。

ちなみに、〈Off-White™️(オフホワイト)〉のVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)が〈Louis Vuitton〉のメンズウェアデザイナーに就任したのは、もちろんご存知だよね?