UPDATE:“レイカーズ”から“ブルズ”へと変化する Nike SB x Air Jordan 1 に隠された驚きの仕様が明らかに

UPDATE(2019/4/2):日本国内における販売情報が解禁された。Air Jordan 1 OG DEFIANTの2型(もう一方はこちら)は5月25日(土)発売、価格は18,900円(税込)となる。

ORIGINAL(2019/3/24):先日『HHHYPE』でもクローズアップした〈Nike SB(ナイキ SB)〉よりリリースされるAir Jordan 1の新作。期待の高まる中、このフットウェアに隠された驚きの仕様が明らかとなった。

2014年に発売された〈Nike SB〉のAJ1と同様に、今回登場する2型も表面のカラーは塗料によるコーティングだった模様。その内の1色であるレイカーズカラーは履き込んでいく間に摩擦などで塗料が剥がれ落ち、AJ1屈指の人気カラーである“Chicago”が姿を現すという、ファンにとっては堪らない仕様となっている。ちなみに昨年発表された〈A-COLD-WALL*(ア・コールド・ウォール)〉とのコラボZoom Vomero +5でもコーティングが剥がれる似たような仕様を採用していた。発売日は5月25日(現地時間)が見込まれるので、引き続き国内展開の情報を見逃さないようにしよう。

Air Jordan 3 “Tinker / Air Max 1”はチェック済み?