革新的なモデルが揃う Nike 2019年サマーシーズンのウィメンズフットウェアが公開

フライニット技術を応用したスポーツブラを発表したばかりの〈Nike(ナイキ)〉が、サマーシーズンに並ぶ注目のウィメンズスニーカーの数々を一足早くお披露目した。

これらのモデルは〈Nike〉ウィメンズフットウェアのシニアクリエイティブディレクターを務めるGeorgina James(ジョジーナ・ジェームズ)が自らピックアップしたものであり、クラシックな定番からAMシリーズの最新パフォーマンスモデルまで多様なシルエットをベースとしている。そこには、トレンド感のある分厚いソールと奇抜なカラーリングによりフューチャリスティックな表情を見せるZoom X Vista Grindyや、AM最新フラッグシップ機であるAir Max 720を大胆に改良したAir Max FF720、女性の足に合わせて作られたAir Max Diaの新色モデルや〈Swarovski®(スワロスキー)〉をあしらったゴージャスなVaporMax Flyknit 2 LXXをはじめ、アッパーにビーズを流し込んだAir Max Plus、一際異彩を放つロングブーツ調のAir Maxモデル、以前にご紹介しているAIRソールの75%にリサイクル資源を採用したVaporMax 2 “Random”などが並ぶ。環境に配慮した持続可能な生産方法やユニセックスサイズを取り入れるなど、様々なニーズに合わせた今後のウィメンズラインに要注目。発売時期については、『SNKRS』のアップデートを見逃さないようにしよう。

あわせて、Aleali May(アレイリ・メイ)がデザインしたAir Jordan 6もチェックしておこう。