3Dプリント技術を用いた新作ランニングシューズ Nike Zoom VaporFly Elite Flyprint が誕生

世界のスポーツシーンに革新をもたらし続ける〈Nike(ナイキ)〉が、独自の3Dプリント技術を活用した競技用フットウエアの新テキスタイルアッパー、“Nike Flyprint(ナイキ フライプリント)”を発表。

“Nike Flyprint”は、固体堆積モデリング(SDM)と呼ばれるコイル状になっているTPU素材を解き、それを溶かして層に重ねるプロセスによって生まれる革新的な新テキスタイル。3Dプリント技術を用いることによって、各アスリートの足の形や求められる機能などといったデータに基づく唯一無二のテキスタイルを生み出すことを可能にしており、これまでにない速さと精密さで全く新たな機能を生み出すことを実現している。

また〈Nike〉は、その“Nike Flyprint”技術を用いた第1弾プロダクトとして、ケニア人陸上競技選手で世界最速の長距離ランナーとしても知られるEliud Kipchoge(エリウド・キプチョゲ)のために生み出された新作ランニングシューズであるNike Zoom VaporFly Elite Flyprint(ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリント)も発表。最速のランニングシューズとも名高いNike Zoom VaporFly Eliteに改良を加えた本作は、交差する繊維同士に摩擦が起こるため、強度が高まると同時に適切な位置で足を安定させる構造となり、Eliud Kipchogeは4月22日(英国時間)に開催されるロンドンマラソンにてこの1足を着用し、世界初のフルマラソン2時間切り、通称“Breaking2”を目指すとのこと。

またその週末にはロンドン限定でアプリ版『SNKRS』にてNike Zoom VaporFly Elite Flyprintが限定数で販売予定。現時点においては日本発売の予定はないとのことだが、まずはその新技術に迫った映像を確認してみよう。

『HHHYPE』がご紹介するそのほかの〈Nike〉関連ニュースの数々もお見逃しなく。