Nike の傑作ランニングシューズ Zoom Vaporfly 4% が ZoomX Vaporfly NEXT% へと名を変えて大刷新

世界のマラソン界を席巻している〈Nike(ナイキ)〉の傑作ランニングシューズ、Zoom Vaporfly 4%(ズーム ヴェイパーフライ 4%)。そこから派生する形で3Dプリント技術を用いたZoom VaporFly Elite Flyprint(ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリント)、 Flyknit技術を用いたZoom Vaporfly 4% Flyknit(ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニット)などが誕生したわけだが、今回そのZoom Vaporfly 4%が大刷新。ZoomX Vaporfly NEXT%(ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%)とその名も新たに生まれ変わった。

発売当時、それまで〈Nike〉製シューズのなかでも最も速いシューズとされていたZoom Streak 6(ズーム ストリーク 6)よりも、ランニング効率が平均4%高くなることから名付けられたZoom Vaporfly 4%。そして今回のZoomX Vaporfly NEXT%へのアップデートでは、世界で活躍するランナーたちの貴重なフィードバックを元にアッパーの素材からシューレースの位置、アウトソールのパターンなどを徹底的に見直して改良。その主な改良点およびZoom Vaporfly 4%と変わらない点は主に以下のようなもの。

- 変更点
・アッパーにはFlyknitよりも軽量で通気性に優れ、汗や雨などの水分の吸収を抑えることのできるVaporweave(ヴェイパーウィーブ)素材を採用。ランの間も通気性良く乾いた状態を維持可能に。

・足の繊細な部分への圧迫を防ぐため、シューレースは少し中心からずらした位置に配置。これはイギリスの陸上競技選手Mo Farah(モー・ファラー)が強く希望したデザイン。

・かかと内側に小さなフォームを配置し、長い距離を走ってもアキレス腱を快適な状態に保持。

・ミッドソールに使用するZoomXフォームの量を増やし、エネルギーリターンをさらに向上。

・フォームの配置を見直し、オフセット(前足部とかかとのソールの厚みの差)を11mmから8mmに変更。より安定感を高めつつ、つま先を蹴り出す重要な瞬間のエネルギーリターンを最大化。

・Geoffrey Kirui(ジョフリー・キルイ)、Eliud Kipchoge(エリウド・キプチョゲ)、Mo Farah(モー・ファラー)に用いていた特注のトラクションパターンを融合。前足のグリップ力を改善させ、特に湿路でのシューズの性能を向上。

・アウトソールの曲線的なパターンや深い溝が、スムーズなターンを促進。

- 4%と変わらない点
・推進力を感じさせるソールの硬さの元となるフルレングスの曲線的なカーボンファイバープレートは、今回もフォームの中に内蔵。。

・シューズ自体の総重量は変わらないものの、フォームの量は15%増量。

ZoomX Vaporfly NEXT%は、2019年7月より『NIKE.COM』などで価格29,700円(税込)で発売開始予定。4月28日には同作を着用したエリート選手たちが出場するマラソン競技会も行われるとのことなので、まずはその生まれ変わった傑作シューズのパフォーマンス、そしてその結果を楽しみにしておこう。

〈Nike〉による靴紐なしの新作ランニングシューズ、Phantom React Flyknit(ファントム リアクト フライニット)についてもお見逃しなく。