日清が『ワンピース』のゾロの青春を描いた新CMを公開

「日清」が、すべての青春を応援するキャンペーンの第1弾として、『ワンピース』のゾロの青春を描いた新CMを公開した。「ワンピースの登場人物が、この現代で、同じ高校で、学生生活を送っていたら」という設定のもと、『ワンピース』のパラレル・ワールドを想定した本企画は、かつて『魔女の宅急便』や『サザエさん』などを窪之内英策が描いた“HUNGRY DAYS”シリーズの最新作。映像は、剣道部に所属する高校生のゾロ(17歳)が、全国大会で同じ高校の先輩であるミホークに大敗するところからストーリーがスタートし、それ以来、ゾロは授業中も、休み時間も、放課後も、剣道だけに打ち込み、季節が変わろうとも、竹刀を振り続ける。そして、舞台は校舎の屋上へと移り、ゾロが「もう二度と、負けねえから」と空に竹刀を突き上げ誓うと、制服を着たルフィがゾロのもとへと歩み寄る。

楽曲には、BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)の“記念撮影”を使用。30秒の動画内にはそのほかにも大勢の『ワンピース』キャラクターが登場するので、是非上のプレーヤーから視聴してみてはいかがだろうか。