“世界一のレストラン” Noma の家具が出品されるオークションが開催

ミシュランガイド2つ星を誇るコペンハーゲンのレストラン『Noma』は2003年に開業して以来、着実にその名を国内外に広めていき、2010年、2011年、2012年、2014年にはレストラン誌『Restaurant』から“世界一のレストラン”の称号を与えられた。更に評判が評判を呼び、一日におよそ2万件もの予約電話が殺到する名店へと成長。しかし、2016年には一時的な閉店を発表。そして遂に、2017年11月16日16:00(現地時間)にコペンハーゲン市内の新たなロケーションにて再出発を遂げる。

そんな予約のとれない有名店は、家具ももちろん一流であった。およそ1年間閉店していた前店舗の家具が出品されたオークションが間も無く始まろうとしている。オークションハウス「Wright」が主催するこのオークションには、合理的形態が美しく調和したデザインで知られる故Niels O. Moller(ニールス・O・モラー)や、20世紀の北欧デザイン業界に多大なる影響を与えた故Hans J. Wenger(ハンス・J・ウェグナー)というデンマークの巨匠家具デザイナー2人が手がけた椅子をはじめ、コペンハーゲンのデザイン会社「Space Copenhagen」により作られたテーブルやソファなどが登場。フォトロールよりその一部の家具を確認し、オークションサイトにて出品されているその他アイテムや価格をチェックしてみてはいかがだろうか。

益々注目度が高まるコペンハーゲンで『HHHYPE』がお勧めしたい10のポットもこちらからチェックしておこう。