フリースタイルで楽しむストリートウェアのニューカマー Not So Ape に注目

2017年に東京で誕生した〈Not So Ape(ノットソーエイプ)〉。
スケートボードやヒップホップに代表されるアメリカンカルチャーにインスパイアされた、新鋭のストリートブランドだ。カットソーにパーカー、カーゴパンツといった飽きのこないオーセンティックなアイテムを、シーズンごとにブラッシュアップして成長中。2019年秋冬コレクションでは、ベージュ、オリーブ、ブラックといった定番色に、グリーンやパステルピンクなどの明るいシーズンカラーがスパイスを効かせている。そんなブランドのニュースタンダードになるであろう、サテン地のコーチジャケットが今季初登場。あえてシーズンテーマを設けることなく、自由なマインドで成長を続ける〈Not So Ape〉は、ポップアップストアや単独でのコレクション発表に向けて準備中らしい。スタイルを問わず着回しできるユーティリティさが大きな魅力のこのブランドの今後に目が離せない。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。