adidas Originals がルーク・メイヤー率いる OAMC とのコラボレーションを発表

パリ・ファッションウィークでの〈OAMC(オーエーエムシー)〉2019年秋冬ランウェイにてお披露目された同ブランドと〈adidas Originals(アディダス オリジナルス)〉によるコラボフットウェア。ショー発表時から話題を呼んだコラボレーションであるが、Luke Meier(ルーク・メイヤー)手がける“adidas Originals by OAMC”がいよいよ立ち上がる。

〈adidas〉の持つパフォーマンスという伝統に刺激を受けた本コレクションでは、登山と90年代の太平洋岸北西部のグランジシーンという異なるインスピレーション源を融合。Luke Meierは今コラボにあたって以下のように説明している。「本当の意味で素晴らしいコラボレーションとは、2つのものが協力し合い、自分たちでは作れないものを創造すること。私たちOAMCは独自のデザインの視点を持ち、adidasはパフォーマンスの高いシューズやアパレルに関する独自の専門知識を持っている。私はこのOAMCとadidasプロジェクトが真の意味でのコラボレーションだと信じています」

写真家 Juergen Teller(ユルゲン・テラー)が撮影を手がけたキャンペーンでは、モデルにBlood Orange(ブラッド・オレンジ)としても広く知られるDev Hynes(デヴ・ハインズ)を起用。“adidas Originals by OAMC”は、9月、10月、11月に順次展開開始予定。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。