NYを拠点とする著名カスタマイザー Ceeze が Air Jordan 1 “Off-Louis” V2 を発表

今年初旬、〈Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)〉のメンズウェアデザイナーに就任したVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)だが、その彼に敬意を表した“The Ten”風のカスタムフットウェアがSNS上でバズを起こしたのはご存知だろうか。NYを拠点に置くCeeze(シーズ)は、この1足をきっかけにカスタマイザーとしてのスターダムを駆け上がっている最中だ。

そんな著名カスタマイザーと米スニーカーショップ『UBIQ』が新たに製作したAir Jordan 1 “Off-Louis” V2モデルは、〈Levi’s®(リーバイス)〉コラボを連想させるデニム素材と〈LV〉のダミエ柄レザーを融合させたトレンド感たっぷりのルックスに仕上がっており、これまで通り二重引用符に囲われた“LOUIS”のテキストがミッドソールに記されている。この最新カスタムスニーカーは、6月16日(現地時間)より数量限定でリリース予定なので、引き続き展開先や価格といった新情報の到着を待つとしよう。

ちなみに、PlayStationと〈Nike〉によるコラボAir Force 1のオフィシャルビジュアルはもうチェックした?