世界有数の建築事務所 OMA が手がける Innovationen Tower がストックホルムに誕生

最も優れた建築物を讃える『ArchDaily』の“Building of the Year Awards 2018”にノミネートされた建築事務所「OMA(Office for Metropolitan Architecture)」が手がける前衛的な建物がスウェーデン・ストックホルムに誕生した。『Innovationen Tower』と名付けられた本建物は、全長およそ125メートルでストックホルムの中では一番の高さを誇る。この超高層マンションには、部屋面積44㎡の1~2人暮らし用の部屋から271㎡にも及ぶペントハウスまで、合計182の部屋が存在。そして最大の特徴は、部屋の窓とテラスが凸凹にレイアウトされたデザインにあるだろう。これはスウェーデンの長い冬は日がとても短く夜が長いため、日光がどの部屋にも最大限に当たるよう意図して建設されている。

この『Innovationen Tower』は、「OMA」の“Norra Tornen”と題したプロジェクトの第一弾にあたり、2019年内に第二弾の『Tower Helix』がオープンする予定となっている。1950年代に定義された建築様式“ブルータリズム”に敬意を表した同建築のデザインは、上のフォトロールからご確認を。

あわせて、『HHHYPE』独自の目線からご紹介するその他の建築/デザイン関連の情報もお見逃しなく。